スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエスト~対なす存在~【2】



ドラゴンクエスト~対なす存在~【1】

関連商品:


29 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:06:30 ID:PcJnW1Y3

                ,ヘ
                「O」
           ハ,,,ハ   ノ'ノ'ハ^ヽ
          r))ハ=ヘヘ シ,,´ー`)
          |ノリ ゚ー゚)  ,U^''y^i)
         ノ,ノつと)  / l==l=lヽ     (○)
         とん,,,.._ノ ん(,_)_)ゝ     ヽ|〃
,...,,,,,,,...   ,,,..,,   ,,,..,,,.,.,,.,,,  ,,,,    ,,,.,.,,,,   ,,.,,,...,,,.,   ,,,.,,,..,...,  ,,.,,,,,    ,,..,,
                    ""''''                      '''""''''


  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃エストの記憶は何日経っても、何ヶ月経っても戻る事はなかった。
  ┃だが、エストにとって過去の記憶なんてものはもうどうでもよかった。
  ┃今の生活に満足していたからだ。エナと暮らす日々がエストの心の
  ┃隙間を埋めていったおかげで・・・。
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


30 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:07:13 ID:PcJnW1Y3

     ハ,,,ハ
 ___r))ハ=ヘヘ___       ,-―‐-、        /〉
 |__|ノリ ´ー)____,|      l`''‐--‐'´l       「O」
 |\_〃´ ̄ ̄ ヽ.__\    `''‐--‐''´  ,、,,,... ノ^ハヘヘ
 | |\,.-~´ ̄ ̄ ` ー~\     | |    i リ´-) (ー` ,,シ
 \|∫\   _,. - 、_,. - 、_ \   ,| |、   ゝ ̄''フと二^)
   \   \________\. `'''´     ̄ / l=l==lヘ
    \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        .ゝ(_(_,),,ゝ
      \||________|

  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃いつしか・・・2人は恋に落ちていた。そして子も授かった。
  ┃その赤子の名を・・・2人は「オリバー」と名づけたのだ。
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


31 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:08:07 ID:PcJnW1Y3
         (⌒''';::: :. ...ゞ: . ..爻)⌒^ゞ.:; ..:. . ... .:;;;:;⌒爻 .. :. ..:⌒)
          ゞ⌒;:.; ... ^ゝ爻 .;: :. ...^ゞ .::.⌒)⌒^ゞ.:. .. .... .:;:.ノ
            ヾ:;.: . .. ⌒爻 .::..^ヾ,;;: ...:.⌒フ.:;. ...⌒ヾゝ
             く.:;:; ⌒''´^ヾ.:; :; .... :.⌒^ヾ爻.: .... .⌒フ
              (^;:.:⌒ヾ.:; .. , ,⌒^ゞ .:;;:.^ゞ''´ヾ)-‐'´
                  ,./:; l:; ;:ill;:: : . . .ヘ
                  i|;:.:; ;.l .;:;: . .. ..:;;ヘ
                  ヘ:;.il :;.;l:;.i:;. . ,. .. i|
                   /;: il:;:; ;l:; ;: .: .../
                   |i ;:.:il.;: :;.:l :; . .i|
                   ヘil ;:;l :.; . ; . , ,ヘ
                   /;::; :l:;:l i;:. .: .. /
                  ,./:; l:; ;:ill;:: : . . .ヘ
                  i|;;:l ;:;ii;: ::; ..: .. . .,|i
,.,,、.,.、,.,w ,.,..w,..,W,.w,..,,.、,.,,_._ノ;:__.;:.,.,_,.:;_:;. .,._ .:;ゝ_., ,.. ..、,. ,、w ,., w,.,.Ww,., ,、,. ,、,. w,. w,.,,

            ,ヘ
    ハ,,,ハ     「O」
   r))ハ=ヘヘ  ノ^ハヘヘ          ,、,、   ヘ/
   |ノリ ´ー)    (´ー`,,シ         ノ'ハヘヘ   ''‐-、
   ノ(llつ†')    (^∞^)         ツ´∀)     ヘ,,.  っ
   i##i.oヘ    / l==l=lヽ         lっl:lっ      ) ヽ  っ
   ん,,,..__ゝ  ん(,_)_)ゝ       /_し'      (,,゚∀゚)
  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃エスト、エナ・・・そしてオリバーの3人は絵に描いたような幸せな
  ┃日々を過ごしていった。
  ┃その幸せは、永遠に続くかのように思われた・・・。
  ┃
  ┃だが・・・しかし・・・。
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


32 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:15:34 ID:PcJnW1Y3
         (⌒''';::: :. ...ゞ: . ..爻)⌒^ゞ.:; ..:. . ... .:;;;:;⌒爻 .. :. ..:⌒)
          ゞ⌒;:.; ... ^ゝ爻 .;: :. ...^ゞ .::.⌒)⌒^ゞ.:. .. .... .:;:.ノ
            ヾ:;.: . .. ⌒爻 .::..^ヾ,;;: ...:.⌒フ.:;. ...⌒ヾゝ
             く.:;:; ⌒''´^ヾ.:; :; .... :.⌒^ヾ爻.: .... .⌒フ
              (^;:.:⌒ヾ.:; .. , ,⌒^ゞ .:;;:.^ゞ''´ヾ)-‐'´
                  ,./:; l:; ;:ill;:: : . . .ヘ
                  i|;:.:; ;.l .;:;: . .. ..:;;ヘ
                  ヘ:;.il :;.;l:;.i:;. . ,. .. i|
                   /;: il:;:; ;l:; ;: .: .../
                   |i ;:.:il.;: :;.:l :; . .i|
                   ヘil ;:;l :.; . ; . , ,ヘ
                   /;::; :l:;:l i;:. .: .. /
                  ,./:; l:; ;:ill;:: : . . .ヘ
                  i|;;:l ;:;ii;: ::; ..: .. . .,|i
,.,,、.,.、,.,w ,.,..w,..,W,.w,..,,.、,.,,_._ノ;:__.;:.,.,_,.:;_:;. .,._ .:;ゝ_., ,.. ..、,. ,、w ,., w,.,.Ww,., ,、,. ,、,. w,. w,.,,
    
                r'´ノ       ミ
              .//     ハ,,,ハ  /l 
        ノ'ノ'ハ^ヽ//      ノ'リヘヘヾ,//
        シ ´д)^)´>      爪`д´//
        /´^''y^iノ         (二つO>
        ゝ_),=l=lヽ         /_ヽ_ヽ
       ,ん(,_)_)ゝ        し(_)
  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃ことの始まりは、オリバーの16歳の誕生日が過ぎて間もない
  ┃日の事。いつものように、オリバーは剣の稽古を父エストにつけて
  ┃もらっていた時・・・それは、起きてしまった・・・。
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


33 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:20:42 ID:PcJnW1Y3
         (⌒''';::: :. ...ゞ: . ..爻)⌒^ゞ.:; ..:. . ... .:;;;:;⌒爻 .. :. ..:⌒)
          ゞ⌒;:.; ... ^ゝ爻 .;: :. ...^ゞ .::.⌒)⌒^ゞ.:. .. .... .:;:.ノ
            ヾ:;.: . .. ⌒爻 .::..^ヾ,;;: ...:.⌒フ.:;. ...⌒ヾゝ
             く.:;:; ⌒''´^ヾ.:; :; .... :.⌒^ヾ爻.: .... .⌒フ
              (^;:.:⌒ヾ.:; .. , ,⌒^ゞ .:;;:.^ゞ''´ヾ)-‐'´
                  ,./:; l:; ;:ill;:: : . . .ヘ
                  i|;:.:; ;.l .;:;: . .. ..:;;ヘ
                  ヘ:;.il :;.;l:;.i:;. . ,. .. i|
                   /;: il:;:; ;l:; ;: .: .../
                   |i ;:.:il.;: :;.:l :; . .i|
                   ヘil ;:;l :.; . ; . , ,ヘ
                   /;::; :l:;:l i;:. .: .. /
                  ,./:; l:; ;:ill;:: : . . .ヘ
                  i|;;:l ;:;ii;: ::; ..: .. . .,|i
,.,,、.,.、,.,w ,.,..w,..,W,.w,..,,.、,.,,_._ノ;:__.;:.,.,_,.:;_:;. .,._ .:;ゝ_., ,.. ..、,. ,、w ,., w,.,.Ww,., ,、,. ,、,. w,. w,.,,
                              /〉
                          ! 「O」
                     ハ,,,ハ   ノ^ハヘヘ
                    :ノ'リヘヘヾ:   (д`;シ
                   :爪;゚д):   ,/^y''^ヽ
                   :,_/、つと):   (,_l⌒l -U
                  :とi__,ノ_.ノ:   ん(_)-Jゝ

                         
  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃突如、胸が張り裂けんばかりの激痛がオリバーに襲い掛かった。
  ┃何かが体を蝕んでいく・・・意識が遠のいていくオリバー・・・。
  ┃
  ┃そして、目覚める・・・。
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


34 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:21:54 ID:PcJnW1Y3

             `゙';:.
             .:;'´          
             `゙';:.
             .:;'´     .,.:;:;'゙゙´
               ハ,,,ハ  `'';:.
         `'';:;...  ノ'リヘヘヾ .:;'´
             爪ii゚д゚)
            . U、,l:_lJ  .::;;'´
          `゙;::.. ノ、ノ、ノ
              し'し'  .:;:;'´
                 
             ...:::;;;;::....         
  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃ 
  ┃
  ┃
  ┃―――― 魔 族 の 血 ――――
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


35 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:22:57 ID:PcJnW1Y3


                        ..,,_.,
      .,,._.,              /;:./ヘ
     /;;:.;:i|,              /;;::.. ヘ::n
    /ヘ;:;;::.: ..ヘ            i,;;; :: ./::i:|
   li;;:;:il;::;:.;... .i             ヘ;: _:;.r'/
   i|;;;:ヘ;;;:::..::.i|      ハ,,,ハ     `゙゙''´
   ヘ;;;:;l,::::::.../      ノ'リヘヘヾ    ';: .:;.'
    `゙''、_r'''゙     (^、ii゚∀゚)^)    .: .:
              ヘ}、,l:_l,/     .:
     .:;:.' .:. .      ノ、ノ、ノ      .,
     . : .: .       し'し'       .
      .:.                       _
              ...:::;;;;:::....        /^ヘヘ  ヾ  
                           ,、(` シ,,..、ノ 
                  .ゝ二二二二二|0|とl,   ヘ、
                          `' /    ヘ)
                            ん,,..__,.ゝ
  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃魔族の力を覚醒させたオリバー・・・だが、その器は人間・・・。 
  ┃大きすぎる力を人間が扱えるわけもなく、暴走するオリバー。
  ┃
  ┃だが、目覚めたのはオリバーだけではなかった。
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


36 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:23:49 ID:PcJnW1Y3

                    
                    ノ^ハヘヘ
                    (´д`シ ,、
                     ノi^y''^つ|0|二二二二二フ
                     (,ノ=ハ=ヽ、`'
                   く(_,(_)_ゝ

  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃なんと、魔族の血の覚醒の衝撃で エストの記憶が戻ったのだ。
  ┃自分が何者であるか、思い出せなかったエストが・・・17年間、
  ┃何一つ思い出せなかったエストの記憶が、今・・・蘇った。
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


37 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:24:33 ID:PcJnW1Y3


                 
                  /;:./ヘ       ―――― ズバァァァァン!!
        ハ,,,ハ       /;;::.._ヘ::n
       ノ/'/'リヽ        , . . . ..
     (^、(::д゚ii/^) ...,,,,:;:;;;:'''゙゙´ 
      ..,,,:::;:;; ''゙゙´::;;:''   -=;;::..:ニ=;:.  
   ,,:;;''゙´;;:::... ,,:;;''゙´      i,;;; :: ./::i:|
   ;::::...   ...::::;        ヘ;: _:;.r'/             ,r'´ノ . ... . .
    `゙'';::..   `゙'';::..      `゙゙''´              ,// . : : : . . .
      `'';;:::...  `'';;:....              ノ'ノ'ハ^ヽ// ::: : : . . .
         `゙゙'''';;;::;: ; : ; : :......          シ `д)^)、>
                           ..,,と^''y^ ,/
                         ..,,-‐'' .ノ==ハ=ヽ
                        く_....,,,,(_)(_)

  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃自分が「魔王エスト」であるという事も!
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


38 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:25:35 ID:PcJnW1Y3
    ,――――――――――――――――――――――――――
   |エスト!一体どうしたと言うの!?オリバーが・・・オリバーが!
    '――――,―v―――――――――――――――――――――
         |・・・安心しろエナ。オリバーは平気だ。
         |この子に流れる魔族の血を寝かせたまでだ。
          '――――――――――――――――v―――
                                ,ヘ
                               「O」
           ハ,,,ハ                  ノ'ノ'ハ^ヽ
          r))ハ=ヘヘ                 シ,, ´д)
          |ノリ;゚o)    ハ,,,ハ            ,U^''y^i)
         ノ,ノヽ'†')、  ノ/'/'リヽ  _        / l==l=lヽ
        とんゝ,).ノ、,) と('д`llと^l,_>っ     ん(,_)_)ゝ  


39 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:26:36 ID:PcJnW1Y3
    ,――――――――――――――――――――――
   |魔族の血・・・ですって?エスト・・・どういう事なの?
    '――,――――v―――――――――――――――――
       |すまない、エナ。私はもう戻る事のないと思われた
       |記憶を取り戻してしまった。私は人間ではない・・・。
       |ましてやこの世界の者でもない。
    ,――'――――――――――――――――――v―――
   |・・・・・・・・・・・・・!?
    '――,――――v――――――――――――――――――
       | 私は魔族なのだ。この世界にいてはならない存在・・・。
       | 私は戻らなければならない・・・元の世界へ。
       | やらねばならない事があるのだ!
       '――――――――――――――――――v――――

                                    /〉
            ハ,,,ハ                     「O」
          r))ハ=ヘヘ                  ノ^ハヘヘ
          .|ノリ;゚-゚)                   (´д`シ
          ノ,U゙゙'†')   ハ,,,ハ             (i^y''^U
           ノ=,o〈   ノ/'/'リヽ            / l=l==lヘ
           ん,,,..__ゝ と('д`llと^l,_>っ       ゝ(_(_,),,ゝ



41 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:27:49 ID:PcJnW1Y3
    ,――――――――――――――――――
   |エスト!私たちを置いて行くと言うの!?
   |家族よりも大切な事なの!?
    '―――――v―――,――――――――――――
                |許してくれ、エナ・・・。
     ,――――――――'―――――――――――v―
    |エスト・・・!
     '―――――v―

                                    /〉
            ハ,,,ハ                     「O」
          r))ハ=ヘヘ                  ノ^ハヘヘ
          .|ノリ;゚o゚)                   (д` シ
          ノ,(つと)   ハ,,,ハ             .とi^y''^つ
           ノ=,o〈   ノ/'/'リヽ            / l=l==lヘ
           ん,,,..__ゝ と('д`llと^l,_>っ       ゝ(_(_,),,ゝ


42 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:28:52 ID:PcJnW1Y3
    ,―――――――――――――――――――――――――――――
   |この剣をこの子に渡しておいてくれ・・・。
   |この先、いずれオリバーも嫁をもらい・・・そして子を授かるだろう。
   |オリバーに流れる魔族の血は眠っているが、その子供に
   |流れる魔族の血は再び、大人になるにつれて目覚めていくだろう。
   |この剣はそれを防ぐ事ができる。再び、魔族の血が暴走しないよう
   |オリバーに言い聞かせてやってくれ。頼んだぞ、エナ!
    '――――――――――――――――――――v――――――――
    |エスト・・・。
     '―――――v―
                               
            ハ,,,ハ                    
          r))ハ=ヘヘ               ,_   ノ^ハヘヘ
          .|ノリ;゚-゚)               l:|    (д´ シ
          ノ,U゙゙'†')   ハ,,,ハ         .〔O〕   とi^y''^U、
           ノ=,o〈   ノ/'/'リヽ         :| :|   /ノ=ハ==、ヽ
           ん,,,..__ゝ と('д`llと^l,_>っ    | :|  く(_)(_,),,ゝ
                             ''^'゙''


43 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:29:33 ID:PcJnW1Y3
        ,――――――――――――――――――――――――――――
       |はい・・・!わがりまじた・・・。あなたがそれを望むと言うのなら
       |もう私は止めません!ひっく・・・うぅ・・・いっでらっじゃい・・・あなた!
        '―――v―――――――――――――――――――――――――

                              
                              
           ハ,,,ハ                ,_         ノ'ノ'ハ^ヽ
          r))ハ=ヘヘ               l:|         シ,, `д)
          |ノリ ゚´o)    ハ,,,ハ         .〔O〕        ,U^''y^i)
         ノ,ノヽ'†')、  ノ/'/'リヽ  _       :| :|       ,ノ 人,=Y
        とんヽ,).ノ、,) と('д`llと^l,_>っ    | :|      ん,し(_)  
                             ''^'゙''


44 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:32:50 ID:PcJnW1Y3
   ,―――――――――――――――――――
  |これでわかったであろう・・・。
  |わしらの血には魔族の血が流れておるのだ。
   '――――v―――――――――――――――

       ハ,,,ハ
      ハヘ==ヾ
       (,,´m`)
      l´ ,彡 l,-y━・~~           !
      (_,ノ  lノ                 ハ,,,ハ
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       (=o==(^(
 i\\                 \     (д`;,,)
 il l\\                 \    l:y :U
 il li  \\                 \  んノ|ヽゝ
 `-'    \\___________,\ (_(_)
        il | li―――――――――――, li
        il | li                  il li
        `''-'                `-'


45 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:33:37 ID:PcJnW1Y3
   ,――――――――――――――――――――――――
  |魔族の血は子供の時には眠っているらしいのじゃ。
  |しかし、大人になると魔族の血が騒ぎ、体を蝕まれ、
  |心も邪悪と化すのじゃ。それを防ぐため、眠りの儀式で
  |お前に流れている魔族の血を永久に眠らせるのじゃ。
   '――――v――――――――――――――――――――

       ハ,,,ハ
      ハヘ==ヾ
       (,, ´m)━・~~
      l´ ,彡 l/^)
      (_,ノ  l ノ                 ハ,,,ハ
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       (=o==(^(
 i\\                 \     (д`;,,)
 il l\\                 \    l:y :U
 il li  \\                 \  んノ|ヽゝ
 `-'    \\___________,\ (_(_)
        il | li―――――――――――, li
        il | li                  il li
        `''-'                `-'


46 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:34:30 ID:PcJnW1Y3
   ,――――――――――――――――――――――――
  |と、これが儀式を行う理由である。アルクよ、理解したな?
   '――――v――――――――――――――――――――

       ハ,,,ハ  フゥ
      ハヘ==ヾ
       (,, ´m) -=''⌒)
      l´ ,彡 l,-y━・~~                  コクコク
      (_,ノ  lノ               〃 ハ,,,ハ
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       (=o==(^(
 i\\                 \     (´∀`,,)
 il l\\                 \    l:y :U
 il li  \\                 \  んノ|ヽゝ
 `-'    \\___________,\ (_(_)
        il | li―――――――――――, li
        il | li                  il li        ┏━━━━━┓
        `''-'                `-'        .┃[> .はい   ┃
                                      ┃   .いいえ ┃
                                    .┗━━━━━┛


47 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:35:09 ID:PcJnW1Y3
   ,――――――――――――――――――――
  |その後の話じゃと?そこまではわしとてわからん。
  |爺さんからここまでしか聞いておらんからのぉ。
  |まぁ、脳内補完しておきなさい・・・。
   '――――v―――――――――――――――

       ハ,,,ハ
      ハヘ==ヾ
       (;´m`)
      l´ ,彡 l,-y━・~~           
      (_,ノ  lノ                 ハ,,,ハ
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       (=o==(^(
 i\\                 \     (д` ,,)
 il l\\                 \    l:y :U
 il li  \\                 \  んノ|ヽゝ
 `-'    \\___________,\ (_(_)
        il | li―――――――――――, li
        il | li                  il li
        `''-'                `-'


48 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:35:46 ID:PcJnW1Y3
   ,―――――――――――――――――
  |話はここまでじゃ。今日はもうおそい。
  |明日の儀式にそなえ、ゆっくり寝なさい。
   '――――v―――――――――――――

       ハ,,,ハ  オヤスミ
      ハヘ==ヾ
       (,,´m`)    ,-っ
      l´ ,彡 `''-‐' ミ)
      (_,ノ  l`''-―'                      ハ,,,ハ
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \              )^)==o=)
 i\\                 \             (,,´∀`)
 il l\\                 \           U: y:l
 il li  \\                 \         んノ|ヽゝ
 `-'    \\___________,\        し(_)
        il | li―――――――――――, li
        il | li                  il li
        `''-'                `-'


49 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:36:27 ID:PcJnW1Y3
  ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃そして 夜が明けた・・・。
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
  ┃
   '━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


50 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:37:16 ID:PcJnW1Y3
        __...,,, ,,,..._       __...,,, ,,,..._
     ___,l\ :::::::\ \___,l\ :::::::\ \_
    /\  |\\ :::::::\ \   |\\ :::::::\ \\
   ,/   \\\\__...,,,、,,,..._、  \\\__...,,,、,,,..._、\
   /     \\\l_____l    \\l_____l  \
  ,/        \\l__li_il_|     \l__li_il_|   \
 /          \_________________\
  |`゙゙゙゙'''''―-、,.    i____________________i
  | i       `゙゙゙'''‐| i |                      :|i
  | i;;;;;;:::::::......    | i |    ____             |i
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   l\     \   ___    :|i
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   |\l二二二二i  i'l\    \   |i  [l=={lll}==l]
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   |i___| :i|  :i |\l二二二i  :|i  [l:  ||  l]
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   |____\i|  :i |     |i   |i  [lr''゙´||`゙ヽl]
  | i;;;;;;:::::::......    | i |             i |O     :|i   |i  |ゝ,,...||...,,ノ|
  `'`゙゙゙゙'''''―-、,.   | i |            :i |     :|i   |i  |;;;:::.. ̄  |
         `゙゙゙'''‐|、i,|_________,i |_____|i__|i  ゝ,,.,._..,,ノ
                ハ,,,ハ         `'      `
                ハヘ==ヾ    ,―――――――――――
                (,,´m`)  < 昨夜はよく眠れたか?
              r'´  l: ヽ   '―――――――――――
              | l    l |       ハ,,,ハ
              |__l=={o},.i_|       (=o==(^(
              し'|:::::Y::::|J       (´∀`,,)
                |:::::||::::|        ,l:y :U
                |:::::||::::|       んノ|ヽゝ
               (__)__)       (_(_)    ┏━━━━━┓
                                     .┃[> はい  .┃
                                     .┃  いいえ .┃
                                        ┗━━━━━┛


51 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:38:05 ID:PcJnW1Y3
        __...,,, ,,,..._       __...,,, ,,,..._
     ___,l\ :::::::\ \___,l\ :::::::\ \_
    /\  |\\ :::::::\ \   |\\ :::::::\ \\
   ,/   \\\\__...,,,、,,,..._、  \\\__...,,,、,,,..._、\
   /     \\\l_____l    \\l_____l  \
  ,/        \\l__li_il_|     \l__li_il_|   \
 /          \_________________\
  |`゙゙゙゙'''''―-、,.    i____________________i
  | i       `゙゙゙'''‐| i |                      :|i
  | i;;;;;;:::::::......    | i |    ____             |i
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   l\     \   ___    :|i
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   |\l二二二二i  i'l\    \   |i  [l=={lll}==l]
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   |i___| :i|  :i |\l二二二i  :|i  [l:  ||  l]
  | i;;;;;;:::::::......    | i |   |____\i|  :i |     |i   |i  [lr''゙´||`゙ヽl]
  | i;;;;;;:::::::......    | i |             i |O     :|i   |i  |ゝ,,...||...,,ノ|
  `'`゙゙゙゙'''''―-、,.   | i |            :i |     :|i   |i  |;;;:::.. ̄  |
         `゙゙゙'''‐|、i,|_________,i |_____|i__|i  ゝ,,.,._..,,ノ
                           `'               ハ,,,ハ
                 ――――――――――――,       ハヘ==ヾ
                  では参ろう。眠りの祭壇へ >      (,,´m`)   ,-っ
                 ――――――――――――'      r'´  l: `''-‐'、ミ)
                                 ハ,,,ハ      | l    l`''-―'
                               )^)==o=)    |__l=={o},.i
                                (,,´∀`)    .しヽ::::ヽ/
                                .U: y:l      ,/ヽ::ヽ
                               .んノ、ヽゝ     /:::;ノ::::ノ
                                し(_)     .し(__)



52 : ◆JfRaVW6986 :2006/05/27(土) 23:38:35 ID:PcJnW1Y3


                  r'´⌒`ヽ
                 l|...::○::...|l
                  ゝ,_ _,ノ
                 l|/i\|l
                 l|/i\|l
                 l|/i\|l
         _       l|/i\|l       _
        ヘ"`'' ‐- ,,,..____l|/i\|l____..,,, -‐ ''´"/
         ヘ,::: : : : :...    ̄ ̄     ... : : ::::/
          ヘ   To Be Continued   /
           ゝ,‐- ,,.._ ,-―‐-,. _..,, -‐、ノ
                 `|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                  :|::::::|  |
                    _..|::::::|  |,,..__
               ''" ̄"''-''" ̄"''



ドラゴンクエスト~対なす存在~【1】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【2】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【3】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【4】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【5】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【6】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【7】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【8】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【9】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【10】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【11】
ドラゴンクエスト~対なす存在~【12】


アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVIII空と海と大地と呪われし姫君アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVIII空と海と大地と呪われし姫君

by G-Tools

最新記事





サイト内のどれかの記事に飛びます

コメント

  1. (15335) Posted by ( ゚д゚ )
    あ・・・

    ≪ドラゴンクエスト~対なす存在~【3】 | Home | ドラゴンクエスト~対なす存在~【1】≫

    このボタンってずっと左が新しい方だと思ってた。
    今気がついた・・・
    #-  2007.08.15 Wed 03:00 URL [ Edit ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 仲良く使ってね

トラックバック

http://res2ch.blog76.fc2.com/tb.php/242-f8e4451f

 | HOME | 


Recent Entries

Monthly



Recent Comments

何回目の訪問?


↑本当はPVなんだけどね

Amazon

RSSフィード

Categories

登録ツールズ+

QRコード

QRコード

あわせて読みたいブログパーツ

PR


どこかの記事に飛びます

カレンダー

アクセスランキング

アクセスランキング
全ランキング

2ちゃんねる系


ニュース系

Counter



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。